メールでのお問い合わせ

小菅医院 小菅孝明院長 インタビュー

ヒートショックに関して、小菅医院の小菅孝明院長にお話を伺いました。

ヒートショックとは?

あったかい部屋から急に寒い部屋、いわゆる脱衣所とか風呂場に入りますと、温かいところから急に寒いところへ行くのできゅっと血管が縮まってしまって、血圧がグンと上がってしまう。 今度、ゆっくりお風呂に入っていると、あったまってくるので、今度は血管が広がってくる。 今度は血圧がそれによって下がってくる。急激な血圧の上昇・低下。こういうことが、冬場のお風呂では起こりやすいんですね。 このような急激な血圧の変化などによって体が受けるダメージ、それによって心筋梗塞や脳卒中などを起こすことがあります。 このような現象を一般的にヒートショックと言っています。

特にヒートショックに注意した方がいい人は?

もちろん、ご高齢の方はみなさん気をつけていただくべきだと思いますが、その他、糖尿病・脂質代謝異常・高血圧、あるいは非常にメタボリックな方など、動脈硬化を起こしやすい疾患を持った方。あるいは実際に健康診断でメタボリック症候群ですよと言われた方や、あるいは動脈硬化がありますよと指摘された方。そういう方は十分に気を付けていただきたいと思います。

ヒートショックを防ぐ方法は?

急激な温度変化を防ぐということ。すなわち浴室や風呂場など寒いところは暖めておくことが重要ですね。