浴室暖房乾燥機の後付け・交換にかかる費用について解説!

すみーく内田

こんにちは。浴室環境アドバイザーの内田です。

浴室暖房乾燥機を付けたいけど、ネットで調べても「本体価格」しか表示されていなかった「設置費用」もいくらなのか明確でなかったり、どうやら「追加工事費」もあるらしい…など、結局全部でいくらかかるのかが分かりにくい!ということ、ありますよね…。

今回はそんな「費用」のお悩みについて、皆さまになるべくスッキリしていただけるように整理していきたいと思います。

浴室暖房乾燥機の後付け・交換にかかる費用は?

ではまず、浴室暖房乾燥機の後付けの設置費用が一般的にはどのくらいなのか、見ていきましょう。

業者によっても価格に差がありますが、電気式ではだいたい13~20万程度、ガス式だと20~30万程度という辺りが実勢価格だと思われます。

新規の後付けではなく、浴室暖房乾燥機からの「交換」の場合は、設置費用の中の「追加工事費」があまりかからないケースが多いので、上記よりも若干安くなるとお考えください。

注意

ただし、天井埋込み型でサイズの大きいものから小さいものに交換する場合は、開口部を塞ぐ工事のために2~3万程度の費用がかかることもあります。

ところで、上の表を見てやはり一番気になるのは「設置費用」ではないでしょうか。

取付けのための費用が不透明なので、総額がわかりにくいとも言えます。

お客様からのご相談で「チラシを見て安かったので見積りにきてもらったら、工事費が10万近くかかると言われた。お宅もそのくらいかかりますか?」などというお話を伺うこともあります。

設置工事費…本当に分かりにくいですね😓

少し話は逸れますが「ネットで安いものを探して本体だけを購入したが、業者さんに頼んで付けてもらったら結局すごく高くついてしまった!」なんていう残念なことになる場合も。

でも、一概に業者さんが悪いのではなく、本来なら機械本体の販売でも若干の利益があるはずですから「工事のみ」の依頼は敬遠されがちなことと、どうしても割高になってしまうということだと思います。

浴室暖房乾燥機の後付け・交換は自分でできる?

そんな不透明な「設置費用」をカットするために、自分で取付ければいいのでは!? というチャレンジ精神旺盛な方から「取付けは自分でできそうなので本体だけ購入したいのですが、いくらですか?」というご質問をいただくことが都度あります。

浴室暖房乾燥機は本体を浴室に付ければOKという訳ではなく、設置するためには「単独配線」が引かれているか、ブレーカー全体の容量に問題はないか等、電気の専門知識があることが必須です。

そのため浴室暖房乾燥機の設置には「電気工事士」の資格が必要ですが(※電気式の場合)いちばんの理由は当然「安全確保」のため。

設置後に「ブレーカーが落ちる!」「漏電してしまった!」なんてことになったら、重大な事故の原因にもなりかねません…。

DIYが得意だからと言って見よう見まねで付けるのは絶対にやめましょう。

また、ご存じない方も多いのですが、実はブレーカーが落ちる度に機械本体に負荷がかかり、故障や劣化の原因にもなってしまいます。

せっかく取付けた浴室暖房乾燥機を長持ちさせるためにも、設置工事は専門の業者にお任せしてください。

ではやはり、高い設置費用を払わないと浴室暖房機を付けられないのでしょうか…?

ご安心ください!浴室換気乾燥暖房機の専門店「すみーく」では、みなさまが心配する「取付け工事費」をゼロ円にしました!

 下記は、弊社で浴室暖房乾燥機を設置した場合の費用の目安と内訳です。

まずはじめに、本体価格が「標準工事費込み」となっています。

そのため取付け工事費はゼロ円!

また、原則としては事前にお見積りに伺うことはありませんので見積り費用もゼロ円です。

そして、すみーくでは島しょ部を除く日本全国で設置工事が可能ですので出張費がかかることもありません。(※一部の島で橋を渡る場合に出張費をいただくケースがあります)

もちろん、ご自宅の構造や浴室の状況によっては「追加工事費」がもっとかかる場合もあります。

すみーくでは、工事当日にお見積書を作成し、お客様ご了解の上で設置工事を進めますので、その際に見積りが合わない場合には当日お断りをいただいてもキャンセル費用は一切かかりません

でも実は「断れると聞いてもやはり心配なので事前に一度来てほしい」というご依頼をいただくこともあります。

なぜ事前にお伺いしないのか…のいちばんの理由は「時間と経費の削減」です。

すみーくでは日本全国で設置工事を承っており、すべてのお宅に事前にお伺いするには膨大な時間と人件費がかかってしまいます。

浴室暖房乾燥機の専門メーカー高須産業がすべて自社工場内で製造している「メイドインジャパン」の製品を少しでもお安く付けていただくため、何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします!

補足となりますが、すみーくでご設置いただいたお客様には、付けたその日から衣類乾燥ができるように「ランドリーパイプ」を1本プレゼントしています。(※対象は浴室暖房乾燥機のみ)

また、すべての機種に「5年間長期保証」をお客様のご負担ゼロでお付けしています。実際の費用だけでなく、こういったサービスやメンテナンスの体制なども設置を決める重要なポイントだと思います。

浴室暖房乾燥機の後付け・交換にオススメの機種を紹介

高須産業製の浴室暖房乾燥機は基本的に「後付け」を前提に開発・設計されています。

浴室の換気扇や暖房乾燥機の設置状況はお宅によって様々ですが、ほとんどのケースで取付けができるように、他メーカーでは取扱いのない機種も用意されています。

下記の表で、換気扇や暖房乾燥機からの交換時にどんな機種が設置できるのかをまとめてみました。

換気扇・換気口から交換の場合

BF-261RGABF-961RGCBF-563RGDSDG-1200GBBF-861RGABF-271RGA2BF-871RGA2

浴室暖房乾燥機からの交換の場合

BF-261RGABF-961RGCBF-563RGDBF-271RGA2BF-871RGA2

もちろん、ご自宅の構造上の問題などでどうしてもお取付けが難しいケースもありますが、実際にお伺いしてもご設置前までは一切の料金はかかりませんし、機種変更も可能です。

また、浴室暖房乾燥機を付けたかったのに他社で断られてしまい諦めている方や、浴室全体をリフォームしなければならない…とお悩みの方も、ぜひ一度すみーくにお問合せください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に、浴室暖房乾燥機を設置する際にチェックするポイントを整理してみました。

浴室暖房乾燥機の耐用年数はだいたい10年~15年くらいです。長い期間使うものですからじっくり比較検討して、設置時だけでなく付けた後も安心して使えることが大切ですね。

総額の費用が明確で、なおかつ安く、そして安心して取付けを任せていただけるすみーくに、ぜひ一度ご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)