浴室だけじゃない!アンケートの結果が示す、本当は怖い「脱衣所」の寒さ…

こんにちは。内田です。 寒い冬は入浴がおっくう…という方、多いと思います。 何より寒い脱衣所で洋服を脱ぐときのゾクッ…!とする瞬間は本当に苦痛ですね。

背中を丸めてつま先立ちで浴室に飛び込み、かけ湯もそこそこに湯舟にジャブン!という方、ちょっと危険かもしれません…。

今さらですが「ヒートショック」って、つまりどういうこと?

その現象を最短のことばで表すとしたら「家の中の温度差による急激な血圧の変動による体調変化」ということになります。

◆ポイントは「家の中で起こる!」ということです。

ある統計(※1)によると「冬の家の暖かさについて満足しているか」という質問に、約半数の46.2%が不満もしくはやや不満と答えています。 そしてその不満の内容は「廊下や脱衣所・浴室が寒い」が62.4%でダントツ1位でした。

002l

(※1 暖差リスク予防委員会実施「冬の住宅に関する調査」の結果。同調査は2014年10月17日~19日、全国47都道府県の20代~70代の男女2,500人に対し実施したもの。※参照:マイナビニュースより)

同じアンケートで「ご自宅でこのような行動をとることがあるか」という質問には 「暖房等で暖めるのはリビングなどの居る部屋のみで、その他の場所は暖めない」が60.5%自宅の脱衣室や浴室が寒くても暖房器具を設置していない」が37.8% という回答がありました。

これは私が常日頃お客様とお話しをしていて感じることでもあるのですが、多くの方が家の中の温度差を不快に思いながらも、その対策をしていない理由に「我慢するのが普通」だったり、80代の私の母など昔気質の人は「人の居ない場所に暖房なんて電気代がもったいない!!」ということも案外あるのではないでしょうか。

ちなみに私の家では暖房をするのは「リビングのみ!」…。使うとしても「最低温度」で、私がそっと温度を上げると「こんなサウナみたいに!」「電気代いくらかかると思ってるの!」とすぐに元に戻されます…。

話が逸れましたが(笑)、いくらもったいない精神があっても、年齢を重ねると今まで当たり前だった浴室や脱衣所の寒さに耐えられなくなってきたり、実際に具合が悪くなるなど深刻な問題に発展してしまうこともあります。

ただやはり、電気代や設置費用のことは一番の悩みどころであることも現実です。

★”すみーく”で浴室暖房機を設置した場合の費用はこちら↓

・電気代:暖房(強)運転時 約33円/1時間あたり

・浴室暖房機設置費用:79,900円から(標準工事費込み・税込み)  ※2019年5月現在

・脱衣所・トイレ用暖房機設置費用:49,680円標準工事費込み・税込み)  ※2019年5月現在

◆「住宅内で寒いと感じる場所」は?(同上アンケート)

 

003l

1位は「洗面室・脱衣室」で57.8%、次いで「浴室」(51.4%)、「トイレ」(50.2%)、「廊下」(43.5%)という結果でした。浴室は「水場に暖房なんて付いてない」ということ、他の3ヶ所は滞在時間が短い所なので、わざわざ暖房をしない場所とも言えそうですね…。

意外だったのは、家の中でいちばん寒いのは浴室だと思い込んでいた私にとって「浴室は2位?? 脱衣所が1位なの!?」ということでした。 今までお客様に「どちらかを選択するとしたら、脱衣所より浴室内に暖房を付けることをおすすめします!」と120%の自信を持ってお伝えしていた私は間違っていた…!?と思って心臓がドキドキしました。

その上、「もしよろしければ、脱衣所の暖房機も同時に設置するとお得になりますよ(^^♪」と、まるで「ご一緒にポテトもいかがですか?!」的な扱いになっていた「涼風暖房機(脱衣所用)」SDG-1200GSMの存在をもっとみなさまにお伝えしなきゃ!と思った次第です。

でもまず、涼風暖房機のご案内の前に、なぜ「脱衣所が寒いと怖い」のか、というお話…。  

ヒートショックの原因の血圧の変動はいつ起こる?

上の表のグラフ線は「血圧」の変動を表しています。

①暖かいリビング(血圧/平常かやや低め) 

②寒い廊下と寒い脱衣所(血圧/寒さで血管が収縮し急上昇)

③寒い浴室(血圧/裸になった寒さで更に上昇)

④温かい(熱い)浴槽のお湯(血圧/収縮していた血管が急激に広がり急降下)

⑤寒い脱衣所(血圧/再び寒さで急上昇)

という入浴導線の中での温度差が大問題だったのです。

浴室内で事故が起きやすい前段階で、脱衣所での血圧上昇という現象が起きているということです。 そして、浴室暖房機でカバーできるのは③のみ、②と⑤はできない…。逆に、②と⑤の脱衣所を暖めることができれば、かなり万全なヒートショック対策になるのです。

そこで改めておすすめしたいのが、前述の「涼風暖房機 SDG-1200GSM(脱衣所用)」です

★ 価格:49,680円(標準工事費込み・税込み) http://www.yokusitudanbou.com/fs/sumiiku/SDG-1200GS

 

人感センサーが搭載されていて、スイッチを入れたり切ったりしなくても人を感知して作動するため、短時間滞在の脱衣所にはぴったりです。(居るときだけ作動すれば心配な電気代も最小限に抑えられます)

もちろん手動でオンオフもOK。 夜の入浴時はもちろんですが、朝、暖かいお布団を出てすぐに洗面所に行ってブルッと震えるあのいやな瞬間を、ポカポカの快適空間にしてくれます。

とはいえ、せっかく真夏なので1点付け加えますと(笑)、涼風モードがあるので、お風呂上りにドライヤーで髪の毛を乾かすときにもう一度汗をかいちゃって不快…というときなどにも、サ~っと爽やかな風が吹いて、気化熱(濡れているところに風が当たると水分の蒸発により体温が低下する)の作用もあって、とっても涼しいんです!

一年中便利に快適に使えて、価格的にも浴室用よりもお安いですから、いろいろ悩んでいる方には「まずはコレ!」と是非おすすめしたい機種です。 換気はしないので換気扇は不要。設置できる壁面と、壁付けのコンセントがあれば設置OK。コンセントから本体までの配線には「配線カバー」もお付けしますので、仕上がりもスッキリきれいです。  

まだまだ暑い日が続きそうです。 「こんな暑いときに脱衣所を暖める話って、何て暑苦しい!」と思われた方も(笑)、爽やかさ100%の「涼風モード」を体験できるこの時期、涼風暖房機 SDG-1200GSM ¥49,680 をぜひぜひチェックしてみてください(^^)/

http://www.yokusitudanbou.com/fs/sumiiku/SDG-1200GS  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)