ヒートショック対策に、浴室のリフォームは必要?

すみーく内田

こんにちは。浴室環境アドバイザーの内田です。

おっくうな冬のお風呂。

暖かい部屋からやっと出て、寒い脱衣所で服を脱ぎ、ブルブルッとしながら冷たいタイルの上をつま先で足踏みしつつ慌ててシャワーを出しても、お湯になるまでに時間がかかって凍えそう!

これはもう、不快を通り越して「危険」な状態です。

ヒートショック症状が起きてしまう前に急いで対策をする必要がありますね。

そんな時にまずはじめに検討するのが「浴室のリフォーム」だと思います。

でも、リフォームには高額な費用がかかるので決断までに時間がかかりますし、いざ見積りをしてもらっても金額の判断が難しい…

中には諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先にお伝えしてしまうと、「寒さ対策」に限定した場合にはリフォームの必要はありません

後付けの「浴室暖房乾燥機」なら時間も費用も抑えて、設置したその日から暖かい浴室で安心して入浴ができるようになります!

(※浴室の壁面や床、浴槽そのものの劣化の対策には浴室リフォームをおすすめします。)

「後付けの浴室間暖房乾燥機って何??」「いくらぐらい?」そんな疑問をお持ちのあなたに、今回は大掛かりな工事要らずの浴室暖房乾燥機についてご案内します。

ヒートショック対策の浴室リフォームとは…?


まず、浴室のリフォームには3つのパターンがあります。

  1. ユニットバス → ユニットバス
  2. 在来工法浴室 → ユニットバス
  3. 在来工法浴室 → 在来工法のまま

それぞれ工事の内容も方法も違うため、必要な工期に差があります。

いずれの場合も数日間お風呂を使えなくなることが、リフォームを躊躇する要因のひとつでもあります。

※ユニットバス:樹脂やホーロー製で浴槽・壁・床が一体化している浴室
※在来工法浴室:タイル貼り・モルタル塗りなどの浴室

浴室のリフォームを考える際には、まずはじめに「目的」を明確にすると良いと思います。

その上で「①浴室全面リフォーム」「②一部の修理・交換」「③不足している設備の追加」の何が必要なのかを検討していくと、依頼する業者の絞り込みや予算の目安がはっきりしてきます。

例えば目的を「ヒートショック対策」と仮定しても、下記のように選択肢がいくつもあることに気が付きます。

その中から希望や予算などと合わせて検討していくと、何をするのか、どこまでするのか、計画が立てやすくなるのではないでしょうか。

ヒートショック対策のリフォームをするといくらかかるの?


次に、いちばん気になるポイント「費用」について調べてみました。

条件としては、1坪(約2畳)程度の広さで、ごく一般的なグレードの浴室の場合となります。

②・③の在来工法浴室が含まれる方が高いのは、まず既存浴室の取り壊しに手間と時間がかかることと、特に③の場合は基本的にはすべてオーダーメイドになりますから組み立て式のユニットバスに比べて作業内容が複雑になるためです。

ちなみに①・②のユニットバス導入の費用の内訳は「ユニットバス本体」+「工事費」で、一般的にはユニットバス本体はメーカー定価の半額程度の場合が多いようです。

ユニットバス本体の価格は値引き後でだいたい50~80万円工事費は30~40万円程度が目安となります。

リフォームは精神的にもハードルが高く、いざリフォームをしよう!と決心してネットで調べてみても価格がまちまちだったり、実際の見積りが表記金額より高かったり、決めかねて他社を検討しているうちに機会を逃してしまったり…。実現までの道のりは案外険しいのかもしれません!

浴室暖房乾燥機なら手軽に安く浴室のヒートショック対策ができます

浴室のヒートショック対策リフォームと比較して、時間も費用も劇的に削減できる方法…。

それが「浴室暖房乾燥機」の設置です!

ちなみにリフォームは、冷たいタイルを撤去したり、窓を2重にして暖気を逃がさないようにするなど、寒さを感じにくくする方法ですが、「暖める」という観点から見ると「消極的」な対策とも言えます。

もちろん、浴室全体が新しくなってきれいにはなりますが、今回のテーマの「ヒートショック対策」という意味では万全とは言えない部分もあるのです。

事実、現在ユニットバスのお客様から「浴室が寒いので何とかしたい!」というご相談をたくさんいただきます。

それに比べると、浴室暖房乾燥機の設置は、何もなかった場所に「暖房」という機能を新たに追加する「積極的」な対策になってきます。

取付け方法は、既存の「換気扇」や「通気口」の開口部を利用して、そこに暖房機を取り付けるというシンプルな方法です。大がかりな工事は必要ありません

現在の浴室がユニットバスでもタイル貼りなどの在来工法の浴室でもどちらでも問題ありません。

また、換気扇・通気口がなくても対応できる機種もあるので、ほとんどの浴室に設置が可能です。

浴室暖房乾燥機は本当に暖かい?


そしてその暖かさですが、すみーくでご案内している「遠赤外線ヒーター付き」の暖房機なら、入浴中もヒーターの輻射熱でポカポカ。まるでお日さまにあたっているような快適な暖かさです。

温風のみの浴室暖房機は、温風が体に当たると寒く感じることがあるため入浴中は消してしまうという方も多いのですが、遠赤外線ヒーターと温風のダブル方式ならそんな心配は無用。入浴中も暖房をONにできます!

【使い方】
「予備暖房」で入浴前に10~20分程度暖めて、その後「入浴暖房」に切替えます。
※「入浴暖房」では温風がごく微風に調整されるので、温風による気化熱で寒く感じることがなく使用可能です。

ヒートショック対策の浴室暖房乾燥機を設置するといくらかかるの?

費用はどうでしょうか。

すみーくでは、標準工事費込みで89,800円(税込)から

リフォームの10分の1程度の費用でヒートショック対策ができる上に、工事時間は約2時間
たった2時間で寒い浴室を暖かく快適にする驚きの早業なのです!

実際にすみーくで浴室暖房乾燥機を設置したお客様からのお声で特に多いのは「こんなに簡単でこんなに暖かいなら、もっと早く取付ければ良かった!」というもの。
みなさまに喜んでいただけて何よりです(^^♪

まとめ

浴室暖房乾燥機の設置によるヒートショック対策は「早くて安い」のはもちろんですが、いちばんの目的である「浴室を暖かくする」面でも優れていることをお分かりいただけたでしょうか。

新規のお取付けの方だけでなく、現在すでに浴室暖房機が付いているのにあまり暖かくなくてお困りの方、既存暖房機のメーカーに問合せたら交換がとても高額で困っているという方も、お気軽にご相談ください。

「あの寒い冬は今年もやってくる…!」

年齢が上がるほど浴室の寒さが身に染みて辛くなり、何よりヒートショックのリスクも高くなります。

ご自宅はもとより、ご実家の浴室にも「浴室暖房乾燥機」のお取付けをぜひご検討ください☺

コメントを残す